8月
21
2013

英語学習の目標を持つ

私はおっさんになってから英語学習をしていますが、大人になってから英語を身に付けるには目標を持つ必要があると思います。私は医師が教える英語勉強法というサイトの管理人さんの英語を目標としています。

この人は医師の英語勉強法という教材の作者の方なのですが、この人は大人になってから英語の勉強を始めたというのです。その割には本当にネイティブ顔負けの英語を話しているではありませんか!

これは、「英語の習得は大人になってからでは無理」という説を少しでも頭にちらつかせてしまうおっさんにとっては、非常に自信になるんですね。確かにこの人レベルまで英語が話せるようになるかというと難しいのかも知れませんが、目標としては持っておきたいと思っています。

これは私の目標ですが、何事でも目標をもつというのは非常に大事な事だと思っています。これは私は英語学習だけでなく私は仕事でも本当に感じだ事ですね。仕事では私はそれなりに成功していますが、昔から目的をしっかり持ってやってきました。

私は自己啓発系の本もよく読むのですが、どんな本にも共通して言われているのが「目標を持つ」という事です。なりたい自分をイメージする事で、脳もそのイメージに近づくように向かうようです。自己啓発では、昔から「成功しているイメージを持つ」というのは常套手段なのです。多くの人がその方法で成功しており、私も、英語をペラペラに話しているイメージを寝る前に持つようにしています。その時に使っているのが先ほどの英会話サイトのビデオなのです。

さらに、このような目標のイメージ化だけでなく、紙に具体的に目標を書く、という事も効果があるようです。例えばTOEICで800点を取る、とか、同僚や上司に英語を褒められる!なんてのは分かりやすい目的ですよね。

皆さんも、自分の英会話、英語学習の目標を今持ってください。あなたが私みたいにおっさんであっても、またまたおばさんであっても、逆に若くても、今日が人生で一番若い日。しっかり目標を持って英語学習しましょう。

Comments are closed.